喫茶去(きっさこ)

お茶でも 一服 いかがですか?

「なぜ?」「どうして?」と考えない

 

多くの人々は、自分にとって「嫌だ」と思うことをされた時


「なぜ、そんな事をするの?」「どうして?」と考えるでしょう

 

目に見えるものは、現象というのです

 

現象を追う

 

「なぜ?」「どうして?」と考えることがそれです

 

現象を追っている以上、人としての成長は、つまり学びに至りません

 

考えれば考えるほど 不安や恐れが強くなります

 

そのことばかりを考えるようになってしまいます

 

それを「とらわれている」というのです

 

目の前で起きた現象 つまり 出来事や物事を「なぜ?」「どうして?」と考えているうちは

 

あなたの中から不安や恐れは消えません

 

増す一方なのです

 

そのうち 怒りや不満が湧いてくるでしょう

 

ですから 自分にとって 嫌な出来事が起こった時

 

そういう時こそ 「ああ、そうか」と、ただ気づくだけでいいのです

 

不安な気持ちを抑え込もうとするのではないのです

 

ただ、気づくだけです

 

それが、積み重なることで、一歩下がって冷静に物事を見るということに繋がるのです

 

それを「俯瞰(ふかん)する」というのです

 

俯瞰できるようになる事を目標とするのではありません

 

日々の積み重ねが大切なのです 

 

 

きさらぎ陽のブログより