喫茶去(きっさこ)

お茶でも 一服 いかがですか?

千と千尋の神隠し

悲しみの数を言い尽くすより

 

同じくちびるで そっとうたおう…

 

 

 

 

はじまりの朝の静かな窓

 

ゼロになる体 充たされてゆけ

 

海の彼方にはもう探さない

 

輝くものは  いつもここに

 

わたしのなかに  見つけられたから

 

木村弓   「いつも何度でも」

 


いのちの名前 千と千尋の神隠し